注射に関する豆知識|憧れの小顔になれるチャンス【ボトックス治療で得られる効果】

憧れの小顔になれるチャンス【ボトックス治療で得られる効果】

注射に関する豆知識

注射

コストや持続力

一般的にボトックス注射の持続力は3カ月〜6カ月ほどです。せっかくコンプレックスを改善したら、より長く効果を持続させたいものです。注射をしたあとに持続力を高めるには、いくつかのコツがあります。第一に、注射をした部分の筋肉をあまり動かさないように気をつけることです。ボトックスは筋肉の働きを弱める注射ですが、筋肉を動かすことによって筋繊維が発達して効果が弱まる恐れがあります。筋肉を意識して動かさないようにすると、注射の効果が長持ちします。第二のコツは、過度なマッサージは控えることです。マッサージが刺激になり、ボトックスの成分が拡散されて効果が弱まるからです。注射をした部位をなるべく触らないようにして、刺激を与えないことが大切です。第三に頻繁にボトックス注射をしないことです。効果がなくなることを恐れて1カ月に一回や2カ月に一回などのペースでボトックス注射をすると、抗体ができて効かなくなることがあります。6カ月に一回のペースで定期的に打つのがベストです。ボトックス注射を打つ箇所は、目的に応じて顔と足と両わきに分けられます。顔の場合、シワ取りや毛穴縮小、エラの縮小目的で注射を打ちます。シワ取り効果があるボトックス注射はシワ一箇所あたり1万円前後で、なくしたいシワの箇所が多いと高くなります。毛穴を小さくしてきめ細かい肌質にするマイクロボトックスの費用は、顔全体で5万円が相場です。左右のエラにある筋肉を縮めてフェイスラインを細くする注射は、2万円からできます。ふくらはぎの筋肉をなくして細くするふくらはぎボトックスの費用は、両足合わせて10万円ほどです。わきの下の多汗症治療は、一部クリニックでは保険適用です。保険適用の多汗症治療は1万円以下の自己負担で受けられます。以上がボトックス注射の基本的な目安となる費用ですが、クリニックを一つ一つ比較すると何万円も違う場合があります。一回で半永久的に効果が持つわけではないので、継続して打つことを考えてコストや通いやすさなどからクリニックを選ぶことが大切です。

Copyright© 2018 憧れの小顔になれるチャンス【ボトックス治療で得られる効果】 All Rights Reserved.